FreeStyleWiki

/etc/fstab

このエントリーをはてなブックマークに追加

[Linux]

/etc/fstab

  • 普段使いでLinuxを触ってると、「起動時にHDDを読み込むやつ」程度の認識である
  • 以下は家で普段使っているマシンのfstab
# <file system>                               <mount point> <type> <options>                     <dump> <pass>
PARTUUID=0495fc18-3608-454e-959e-d06d27725791 /boot/efi     vfat   errors=remount-ro             0      2
PARTUUID=533a709b-0bc6-410b-ba4b-3a4f0100111d /             ext4   errors=remount-ro             0      1
tmpfs                                         /tmp          tmpfs  defaults,noatime,mode=1777    0      0
  • 仕事で使う場合もう少し調べないとダメらしい。以下のそれぞれの意味が知りたい。
$ sudo cat /etc/fstab
UUID=d77487ce-af7b-479d-b32d-8a9efb9730ad /                       ext4    defaults        1 1
/dev/sdb2               /data                   ext4    defaults,relatime,nobarrier        1 1
/dev/sdb1               swap                    swap    defaults        0 0
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0

  fstabの記法

  • 以下の順序で記載する
<file system>         <mount point>     <type>         <options> <dump> <pass>
[デバイス名 or UUID]  [/とか/homeとか]  [ext4とかxfs]  いろいろ  1      0
/dev/sda1             /                 ext4           defaults  1      0
UUID=XXXX-XXXX...     /home             xfs            defaults  1      0

  UUID / PARTUUID

UUID

  • UUID(universally unique identifier)はここではHDDやSSDについてる一意のIDになる
  • sudo blkidとかやると、使ってるマシンについてるデバイスのUUIDを一覧で出してくれる

PARTUUID

  • Linuxでディスクにパーティションを切ると、パーティションごとにUUIDが配られる

  tmpfs

tmpfs ドライバは、メモリ内または tmpfs ファイルシステムを実装しています。ファイルシステムは、メインメモリのメタデータとデータの両方のファイルを格納します。これは、データへのたいへん速く、少ない待ち時間のアクセスを許可します。データは、揮発性です。umount またはシステムのリブートは、それを無効にします。これらのプロパティは、/tmp のような、速いスクラッチ記憶域のためのファイルシステムのマウントを適切に行います。

  sysfs