トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

量子コンピュータ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[コンピュータの原理]

量子コンピュータ

  概説

 重ねあわせ状態をもう少し説明するのに、先ほどのケットの記号を使うことにしましょう。
 例えば「メモリAが45(=00101101)と255(=11111111)の重ね合わせ状態である」ということをケット記号で
 
 | A > = a | 00101101> + b | 11111111>  .... (1)
量子状態
上のような状態を表すときに状態ベクトルを使う、"物理量 A の測定を行うことを考える。測定したいある系に対して、それとそっくりな(巨視的に見て区別のつかない)系を数多く用意するなどして、充分多くの回数だけ測定を行うと、ある測定値 a が出現する確率がある一定値に収束することが知られている。それをすべての測定値 {\displaystyle a_{0},a_{1},\ldots } {\displaystyle a_{0},a_{1},\ldots } について調べることで、どのように測定値がバラつくかを表す確率分布 P(a) が得られる。"

  実践

  疑問

調べれば調べるほど不明用語が出てくる

二重スリット実験
これにより、電子は「単一の粒子が『広がった空間の確率分布を支配する何か』の性質を併せ持つ」ということがわかる
隠れた変数理論
量子力学と矛盾しない隠れた変数理論は非局所的でなければならない。すなわち物理的に隔離された物体間の因果関係が瞬時にもしくは光速を超えて伝わるものとする。
お名前: コメント: