トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ArangoDB

[SQL]

ArangoDB

インストールまで

  Centos7

# cd /etc/yum.repos.d/
# curl -OL https://download.arangodb.com/arangodb33/CentOS_7/arangodb.repo
# yum -y install arangodb3-3.3.13
# systemctl enable arangodb3.service
  • あとはarangoshでDBの対話環境に入れる
  • 初期ユーザはrootで、パスワードはブランクである

arangosh

# arangosh
Please specify a password:

                                       _
  __ _ _ __ __ _ _ __   __ _  ___  ___| |__
 / _` | '__/ _` | '_ \ / _` |/ _ \/ __| '_ \
| (_| | | | (_| | | | | (_| | (_) \__ \ | | |
 \__,_|_|  \__,_|_| |_|\__, |\___/|___/_| |_|
                       |___/

arangosh (ArangoDB 3.3.13 [linux] 64bit, using jemalloc, build tags/v3.3.13-0-g92a0c39, VPack 0.1.30, RocksDB 5.6.0, ICU 58.1, V8 5.7.492.77, OpenSSL 1.0.2k-fips  26 Jan 2017)
Copyright (c) ArangoDB GmbH

Pretty printing values.
Connected to ArangoDB 'http+tcp://127.0.0.1:8529' version: 3.3.13 [server], database: '_system', username: 'root'

Type 'tutorial' for a tutorial or 'help' to see common examples
127.0.0.1:[email protected]_system>

ユーザ設定

  • テスト用のユーザを設定してみる

ここではグローバルIPアドレスを持ったサーバを想定している

  • arangodbの設定ファイルを以下のように変更
    • /etc/arangodb3/arangod.conf
- endpoint = tcp://127.0.0.1:8529
+ endpoint = tcp://0.0.0.0:8529

- authentication = true
+ authentication = false

DBを再起動

 # systemctl restart arangodb3
  • ユーザの管理
    • v3.0のマニュアルだとクエリを使ってユーザが作れるのだが Managing Users
    • v3.3だとコマンドで作るようになっていた Managing Users

結局クエリを使ってrootユーザと一般ユーザを作った

// rootのパスワード変更
arangosh> require("@arangodb/users").replace("root", "my-changed-password");

// 一般ユーザ作成
arangosh> require("@arangodb/users").save("my-user", "my-secret-password");

これで、rootのパスワードができたので設定ファイルを一部戻してDB再起動

  • /etc/arangodb3/arangod.conf
- authentication = false
+ authentication = true

DBを再起動

WEB UI

  • これで http://サーバホスト:8529 からログインできる
arango-webui.png
お名前: コメント: