トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Clojure入門

[Clojure]

ClojureをReal Worldで使うためにMavenと連携する

  • まずこれでMavenと連携させてみる

Leiningenを入れる

  Leiningen

Msys2上でUNIX用のスクリプトを動かしたほうが早い

> wget https://raw.githubusercontent.com/technomancy/leiningen/stable/bin/lein
> cp lein /usr/bin/
> lein self-install
> lein --version
Leiningen 2.7.1 on Java 1.8.0_112 Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM

  Maven化

プロジェクトを作ってMaven化

 $ lein new wiki

project.clj ができるので、そこからpomを作る

 $ lein pom

  Hello, World!!

ここからHello, Worldまではこのサイトがわかりやすい

core.cljを書き換えて・・・最終的にこうなった

(ns wiki.core
  (:gen-class main true))

(defn -main
  "I don't do a whole lot."
  [& args]
  (println "Hello, World!"))

Emacs

  • 適当にこんな感じ
;; Clojure
(unless (package-installed-p 'clojure-mode)
  (package-refresh-contents) (package-install 'clojure-mode))
(require 'clojure-mode)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.clj$" . clojure-mode))

  REPL

Scalaにもあるような対話環境

 まずは簡単にプロジェクトを作成しましょう。
 
 $ lein new perfect-master
 $ cd perfect-master
 $ emacs
 という具合で perfect-master というプロジェクトを作成します。その後、プロジェクトルートへ移動し Emacs を起動しています。
 
 C-x C-f としてミニバッファ(画面下の枠)にパスが出てくるので any-dir/perfect_master/src/perfect_master/core.clj と入力していきます。 core.clj を開いたら C-c M-j と入力して cider-jack-in します。
 
 しばらく待つと画面が分割されて、カーソルが REPL 上にあると思うので次のように入力します。
 
 (println "Hello, world")
 閉じ括弧の後ろで C-m or Enter と入力すると、 Hello, world と出力されるのが確認出来たと思います。
 完全マスターにこれで一歩近づきました。簡単ですね。

Lein

  lein-execでclojureをその場で実行

~/.lein/profiles.clj
このようなファイルを作成する
{:user {:plugins [[lein-exec "0.3.6"]]}}
 実行は、「lein exec スクリプト名」で行います。
お名前: コメント: