FreeStyleWiki

Git関連

[ソフトウェア開発]

Git関連

  Git関連で入れとくと良いツール

$ wget https://raw.githubusercontent.com/git/git/master/contrib/completion/git-completion.bash -O ~/.git-completion.bash
$ chmod a+x ~/.git-completion.bash
$ echo "source ~/.git-completion.bash" >> ~/.bashrc
$ wget https://raw.githubusercontent.com/git/git/master/contrib/completion/git-prompt.sh -O ~/.git-prompt.sh
$ chmod a+x ~/.git-prompt.sh
$ echo "source ~/.git-prompt.sh" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

// あと、以下も~/.bashrcに追加する
# プロンプトに各種情報を表示
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=1
GIT_PS1_SHOWUPSTREAM=1
GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=
GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=1

############### ターミナルのコマンド受付状態の表示変更
# \u ユーザ名
# \h ホスト名
# \W カレントディレクトリ
# \w カレントディレクトリのパス
# \n 改行
# \d 日付
# \[ 表示させない文字列の開始
# \] 表示させない文字列の終了
# \$ $
export PS1='\[\033[1;32m\]\u\[\033[00m\]:\[\033[1;34m\]\w\[\033[1;31m\]$(__git_ps1)\[\033[00m\] \$ '
##############
$ cat ~/.gitconfig
[alias]
    co = checkout
    stt = status -uno

  マージとリベース

  • マージとリベースの違い
    • マージ:作業ブランチのコミットをマスターのブランチに取り込む
    • リベース:作業ブランチのコミットをマスターのブランチの最新に付け替える

  履歴

  • --onelineとつけると、詳細を見ないとき便利

  履歴をいじる場合

// 過去5 commitを修正
$ git rebase -i HEAD~5

  force pushされたブランチを取り入れる方法