FreeStyleWiki

ReactOS

このエントリーをはてなブックマークに追加

[Linux]

ReactOS

  ReactOSをビルド(日本語化)含む

// RosBEはUbuntuのリポジトリで公開されているのでリポジトリを追加
$ sudo add-apt-repository ppa:reactos/rosbe-unix

// "/etc/apt/sources.list.d/" 以下にパッケージ情報が入るので、バージョンをbionicに修正する
$ sudo vim /etc/apt/sources.list.d/reactos-ubuntu-rosbe-unix-impish.list
deb http://ppa.launchpad.net/reactos/rosbe-unix/ubuntu bionic main
deb-src http://ppa.launchpad.net/reactos/rosbe-unix/ubuntu bionic main

// パッケージ取得前に鍵のimportをする
// 鍵情報は右のURLの記載のとおりですが、自分でも確かめてください https://launchpad.net/~reactos/+archive/ubuntu/rosbe-unix
$ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys F73BBA08EC2DE09C858CE831192A292EDAAE689F

// update & install
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install rosbe-unix

次に、reactosのソースコードを取得する

$ git clone https://github.com/reactos/reactos.git

RosBE起動

$ cd reactos
$ /usr/RosBE/RosBE.sh .
*******************************************************************************
*         ReactOS Build Environment for Unix-based Operating Systems          *
*                      by Colin Finck <[email protected]>                     *
*                                                                             *
*                                 Version 2.2.1                               *
*******************************************************************************

For a list of all included commands, type: "help"
-------------------------------------------------

// ターミナルに(RosBE)というプレフィックスがつくので、もう一度reactosのディレクトリへ移動
(RosBE) $ cd ~/git/reactos/

// 以下のディレクトリを作成し、optional以下にDroidSansFallback.ttfを入れる
// DroidSansFallback.ttf はどこか適当なところからDLしてね
(RosBE) $ mkdir -p modules/optional/
(RosBE) $ $ ls -lh modules/optional/DroidSansFallback.ttf 
-rw-r--r-- 1 hiroyuki hiroyuki 2.9M 10月 22  2008 modules/optional/DroidSansFallback.ttf

(RosBE) $ ./configure.sh
(RosBE) $ cd output-MinGW-i386

// bootcdが作りたいので以下のようにする、結構時間がかかる
(RosBE) $ ninja bootcd

// ビルドが終わると「bootcd.iso」が出来るので、それをインストールメディアとして使う
$ ls -lh output-MinGW-i386/bootcd.iso 
-rw-r--r-- 1 root root 105M  7月 28 00:30 output-MinGW-i386/bootcd.iso

  ReactOSを仮想環境で起動

1. virt-managerを起動して新しい仮想マシンを作成 > ローカルのインストールメディアを選択 > 進む

2. 「bootcd.iso」を選択 > Generic defaultを入力 > 進む

3. メモリとCPUをお好みで設定、私は富豪なので多めに設定します > 進む

4. ストレージを設定(仮想ディスクです) > 進む

5. 適当な名前を設定 > 完了

起動したら初回のインストーラでは全て英語で進める。ReactOSReactOS Application ManagerからFirefoxをインストールする。

6. ReactOS-JPN-PackageをGitHubからDLしてインストールする

これで再起動すれば、全ていい感じに日本語化された環境が手に入る。

  仮想環境の設定関連

ReactOSのゲスト側クリップボードを共有

ReactOSのゲスト側フォルダを共有

How to Enable clipboard and folder sharing in Qemu/KVM on Windows Guest を参考に

  • ホスト側でcockpitをインストール
$ sudo apt install cockpit cockpit-machines
  • 常時起動はしたくないのでdisableして起動
$ sudo systemctl disable cockpit
$ sudo systemctl start cockpit

起動すると http://localhost:9090 から通常設定しているアカウントのID/PASSでログインできる