トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

X.501

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ソフトウェア開発]

仕事のためにいろいろ調べものをする

X.501

IPAが翻訳した RFC2459 によれば、このRFCを作った時点での規格の年代は

 ITU-T Recommendation X.501: Information Technology - Open Systems Interconnection - The Directory: Models, 1993年.

  規格を読む

PDFになっているようだ。

  証明書の識別名(Distinguished Name:DN)の相対識別名(RDN)の並びの順序について

例えば、「CN=JP, O=Microsoft」 など、組織情報を表わす構造体の定義がX.501およびX.520で決まっているが、その順序の定義がよくわからない。

一般的な例が以下のサイトに書かれていた、とりあえずこれで

# shown split across two lines for presentation reasons only
C=MY,ST=another state,L=another city,O=my company,OU=certs,
 CN=www.example.com
# various interpretations of the RDN fields exist
# the following are presented as generally accepted
# values. In the case of personal certificates GN=, SN= or pseudonym=
# can appear in the fields
# C = ISO3166 two character country code
# ST = state or province
# L = Locality; generally means city
# O = Organization - Company Name
# OU = Organization Unit - division or unit
# CN = CommonName - end entity name e.g. www.example.com
お名前: コメント: